小児医療

現代の医療現場における産科と小児科の状況は危機的だ。日本では晩婚化、非婚化が進み15歳未満の子どもは極めて少ないのに、小児科は慢性的な医師不足だ。不足している小児科医を増やさなければならないはずなのに、診療報酬が他の診療科よりも安く設定されているため、新人医師から敬遠されて小児科医のなり手がいない。

続きを読む