チーム

採用看護師の氷の心を解放させた氷の病棟女子のストーリー

氷の悪霊病棟女子

転職した病棟は、他病棟の看護師や研修医からは、看護師がきつい、怖いと噂されていた。

その病棟は私が働きたいと希望した病棟であった。看護学生の頃、急性期の看護を学ぶために実習に行った病棟である。

「氷の病棟」と噂されているのを知ったのは、働き始めてからのことである。

確かに、先輩たちは病棟師長を筆頭とし皆強烈だった。伝説的に今でも語り継がれている先輩もいる。しかし、1999年に入職してから、今も私が思い出す風景や場面は、どういうわけかその当時のことばかりである。

続きを読む

ナースはチームでコミュニケーションを高め仕事がデキル理由

ナースはチームで仕事をする

ナースがチームとしての力を発揮するために、ナースが医療現場でどのようなコミュニケーションをする傾向にあるのか次第で、チームの士気も上がりよりよい医療を提供することができます。

ナースはほとんどの仕事をチームで行っています。ナースは24時間患者のそぱにいるわけですから、たとえプライマリーナース制(担当ナース制)を取っていたとしても、自分の勤務以外の時間帯は他のナースが担当患者を受け持ち、ケアに当たります。したがって、チームメンバーがいかに協力し合えるか、ということがきわめて重要になります。

続きを読む