アサーティブ

ナース同士でアサーテイブに自己表現できない事例多数

自己表現できないナース

自分の提案に反対するべテランナースに反論できない新任師長

看護師長に昇格したAさんは、内科病棟に配属されました。初めての師長の仕事に戸惑いながらも、よりよい病棟にするために張り切っていました。師長業務にも少しずつ慣れてきたある日、A師長は病棟カンファレンスで、病棟改善のひとつとして、朝の申し送りの大幅な時間短縮を提案しました。

申し送りの時間が長いことが、午前中の業務を圧迫していると考えたからです。実際、前に働いていた病棟でそのやり方を取り入れ、うまくいった経験もあります。すると、スタッフの一人でこの内科病棟に15年間勤務しているべテランナースBさんが、厳しい口調でこう言いました。

続きを読む

ナースが医師に対してアサーティブに自己表現できない事例

ナースの自己表現

患者のIさんが、自分の病状や今後の治療方針を医師に聞またがっていました。Iさんは「先生が最近来てくれない。私の病気は悪い病気だから、さじを投げているのではないのか」不安を強めていました。

怒りっぽいK医師に対し、てJナース「患者さんと話す時間をとってほしい」と言えずに悩んでいました。

続きを読む

ナースの自己表現を不自由にしている背景

看護婦二人

ナースという職種の人が、他の職種の人に比べてとりわけアサーティブ(自己主張の強い)ではないかどうかは、比較研究してみなければ何ともいえません。

ナースのなかには、もちろんアサーティブに仕事をしている人も大勢います。しかし、ほとんどのナースは、アサーティブでないときもあるけれど、アサーティブにやれるときもある、というのが実際のところでしよう。とはいえ、ナースには自己表現をする上でいくつかの共通の足かせがあるように思われます。

続きを読む