中途採用看護師が復職後に気持ちよく働けるために知るべき職場の準備

中途採用看護師復職

中途採用看護師の復職が決定後、看護部長もしくは採用担当師長は、受け入れ部署の看護管理者や教育担当者に中途採用看護師の経験や教育背景などの情報を提供し、オリエンテーションの準備や勤務表作成に力を注ぐよう指示するのが通常です。

しかしながら、中途採用看護師を迎え入れるための施設側の準備だけでなく、中途採用看護師が職場に入り活動を始めるための準備を行わなければなりません。

では、復職した看護師に対して、どういうサポートをするのでしょうか?これは大変重要な業務です。

看護師入職と施設側がていねいに調整する

中途採用看護師の入職に対する思いや期待と、施設側の期待を調整することが重要になります。これをていねいに行うことによって「こんなはずずじゃなかった」「こんなに大変だなんて聞いていなかった」という入職後のギャップによる失望や落胆、ストレスを防ぐことができるでしょう。

次に,これから新しいキャリアを歩む未来に、少しでもポジティブなイメージを抱けるよう、本人の思いを積極的に聴き、それに対する温かいメッセージを送ることも必要です。そして、中途採用看護師が自分のぺースで、新しい環境への準備ができるよう必要な情報を提供することが非常に大切になります。

また、中途採用看護師を新しい仲間として受け入れる組織文化づくりに力を注ぐことが必要です。復職前に中途採用看護師教育について受け入れ側の看護師たちと共通理解が得られれば、指導の統一がはかられ中途採用看護師だけでなく、受け入れ側の不安も解消されることでしょう。

自らのスキルアップや家庭の事情など、中途採用看護師の転職の目的はさまざまですが、新しい職場で働くことへの不安や緊張を前向きな気持ちや職場へのよいイメージにつなげるのは、最初に中途採用看護師に接する看護管理者の対応次第なのです。

採用面接時に看護師本人の思いを把握しなければならない

中途採用看護師の超早期離職が増えるなか、採用面接時に中途採用希望者の話をきちんと把握しようと「これはできますか」「これはどうでしよう」と細かく質問し確認している組織もあるでしょう。

間違った面接質問が復職をさまたげる

しかし、それは中途採用希望者のことをイメージしているのではなく、多忙な病棟でこの人はどの程度働けるかを知るための質問になっていないでしょうか。

面接を受ける側としてみれば、施設側から期待されている能力や仕事の能力の程度に関するお互いの理解がずれていたという場合がよくあります。また採用面接時では、業務に必要な技術ができるかできないかの話だけになっるのかを聞く余裕も時間もないのが実情でしよう。

施設側の事情により中途採用看護師を即戦力として雇用することはやむをえません。しかし、復職する看護師の定着は本人の意向を無視しては成立しないことを意識することも必要です。

定着安定のために希望を引き出す

定着促進と能力活用のためには、まず中途採用看護師の多様な特性を柔軟にとらえることが重要となります。それには、1人ひとりの看護師の看護実践能カの査定や勤務条件の確認、施設側の要求の提示だけでなく、個々のライフスタイルや将来設計も含めた仕事に対するさまざまな考えを問いかけ引き出すことがポイントとなります。

たとえば「ここで循環器看護をしっかり学ぶために就職したい」や「家庭の事情で定時に帰らなければならないので、ばりばり働くよりも指示された仕事をきちんと時間内にこなすことを大切にしている」など、個々の仕事への価値はさまざまです。

信頼を築くために希望を聞き出す

中途採用看護師が職場に入り活動を始めるための準備を行う

これをていねいに引き出し、尊重する態度を相手にわかるように示すことが、中途採用希望者の信頼につながります。

採用面接時は通常、机をはさんで対面で行われますが、この形式は面接される側にとっては非常に脅威と感じます。ただでさえ緊張下におかれている中途採用希望者をさらに緊張させないよう、対面ではなく机の角をはさんで90度に座り、緊張をほぐすように話しかけてはどうでしょうか。

そうするだけで、中途採用希望者は今おかれている現状やこれからの働き方、復職採用希望の理由などについて口を開いてくれるかもしれません。

さらに、たとえば、
「私の病院は今こういう状況で、みなさんの力を借りたいと考えています。あなたは過去の経験から、ここでどのような力を発揮できるとお考えですか」

「あなたのこれからのキャリアを考えると、このような側面を強化きれるともっと強みが広がると思いますが、この病棟でこんなことをやってくださいませんか」

「私はこう考えていますが、あなたはどう思われますか」

など、目の前にいる中途採用希望者の力になりたい、そして私たちと共に働いてほしいというメッセージを表現することを意識すると、これまでとは異なる情報が採用希望者から聞き出せることでしよう。

これによって得られた多面的な情報に基づいて、受け入れる施設側の期待と採用希望者の期待や要望を整理し、異なる点と共通する点を明確にして可能なかぎり調整します。

そうすることで、お互いに最も適した働き方を探っていくことができ、中途採用看護師の能力を開花させる土壌が生まれてくるのです。

中途採用看護師に対する施設側の期待を明確にする

採用が決まると、看護管理者はどんな業務で力を発揮してもらおうかとイメージが膨らみます。そのため「あれもやってもらいたい」「こんなことも実現できればうれしい」と今後の夢を語り、最後に「一緒にがんばりましょうね」で締めくくられることがよくあります。

しかし、中途採用看護師にしてみれば「ここに入ったら、どんどん使われそうだ」「看護部長の夢はこの施設では実現可能なのだろうか」と、不安や戸惑いが生じているケースも多くみられます。

今後のビジョンを語ることも大切ですが、抽象的な夢ではなく現実的にどのような展望があるのか、それに向かって現在何に取り組んでいるのか、そのなかで中途採用看護師はどのように施設に貢献できるのかがみえるように、施設側の期待を具体的にわかりやすく示すことが必要です。

たとえば、以下の項目について看護管理者は自らの施設の方針を把握し、その内容を可能な範囲で中途採用看護師と情報共有し、そのうえで中途採用看護師の希望と折り合いをつける作業が必要になります。

中途採用看護師の希望と折り合いを調整しなければならない

・長期の基本的人員採用計画
看護師が不足しているからほしいという漠然とした理由でなく、何のためにどんな人材をどれだけ必要としているのか。
それを実現するためには、新卒看護師と中途採用看護師の比率は理想的にはどの程度と考えるか、などの計画的な将来の見通し。
・看護師の確保と定着の戦略
賃金、福利厚生、勤務方式、PRを含めてどう考えるのか。
・中途採用看護師を採用する必要性
新卒看護師ではなくあえて中途採用看護師を迎え入れて、何を実現させたいと考えているのか。
・施設の現状
地域特性、人的資源への投入予算、他部門との連携、職員および採用希望者の分析、自施設の人材確保における強みと弱み。
・受け入れ側の看護師の考え
受け入れ部署はどんな職場にしたいと考えているのか。
・中途採用看護師に対する教育・指導・支援の具体的内容
・中途採用看護師教育を引き受けるうえで、どのように支援体制を敷いているのか。
・受け入れ側部署としての支援体制は何か。
・受け入れ側の看護師、看護管理者、教育担当者などの果たすべき具体的役割はどんなことをしなければならないか。

上記の項目について説明をしたうえで、中途採用看護師にどのような力を発揮してもらいたいのかを、看護管理者自らの言葉で語りかけることが必要です。

まとめ 中途採用看護師の思いと施設の思いの折り合いをつける

中途採用希望者の仕事に対する思いやこれからの働き方をじっくり聞き、この施設に復職したらどのように働きたいかをていねいに話し合うことができているでしょうか。また、自施設のビジョンと採用理由、この施設で発揮してもらいたい能力について相手の理解を得られているでしょうか。

次に、それらを文書として互いに共有することを提案します。というのも

「面接で看護部長と勤務時間の条件について、了解を得てもらったのに病棟に入ったら何も聞いてないと言われた」「こんな詆聞いていない」「こんなことをするために就職したのではない」など、採用前の合意形成がなされていないことによるトラブルがよくあるからです。

中途採用看護師の思いと感想を書面にした

出典:新卒採用求人センター

可能であれば、採用前に採用希望者側の希望と受け入れ部署側の希望を用紙に書き出して話し合い、基本的な合意点について書類を作成するとよいでしょう。

これによって、中途採用看護師は「私の考えや希望をちゃんとていねいに扱ってもらえた」という思いが強くなり信頼感が高まります。また,文書に残すことによって、看護部長や採用担当者から受け入れ部署への申し送りのずれがなくなります。

このように採用前から受け入れ施設・部署が意識して中途採用看護師との信頼関係を築くことは、復職後の信頼へと強くつながります。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*