看護師の結婚から学べ!幸せな家庭創造への5つの結婚マネジメント

ナースのお仕事

男女が一緒の籍に入り、一つの家庭をつくる結婚。入り口は同じでも出口はまったく違う。

結婚を機に「伸びた人」と「ダメになった人」がいるのも、また悲しい現実です。

新卒看護師は気が弱く頼りないですが、結婚を機に守るものが増えて腹が据わり、責任感やリーダーシップが芽生え、看護師長までに昇進する方もいます。

一方で、優秀な看護師でも家庭内のギスギスを職場に持ち込んで満足な成果を出せずに左遷されたり、自主退職を選択してしまった人がいます。

続きを読む

光り輝く病棟女子マニュアル 永久保存版

女の子四人

この総合病院にやってきたのは、数年ほど前です。

結婚を機に北海道から東京へ移ることになり、「東京に地域医療をやっているおもしろい病院がある」ということを聞き、当時「地域医療」という言葉には、私自身がなじみがなく、どういうことかと興味をもつたのがきっかけで、この病棟で勤めることになりました。

一般病床の平均在院日数が問題になるような時代でしたが、訪問看護師を多く抱え、地域と連携して、全国平均20.2日超えないを努力をしていました。

続きを読む

採用看護師の氷の心を解放させた氷の病棟女子のストーリー

氷の悪霊病棟女子

転職した病棟は、他病棟の看護師や研修医からは、看護師がきつい、怖いと噂されていた。

その病棟は私が働きたいと希望した病棟であった。看護学生の頃、急性期の看護を学ぶために実習に行った病棟である。

「氷の病棟」と噂されているのを知ったのは、働き始めてからのことである。

確かに、先輩たちは病棟師長を筆頭とし皆強烈だった。伝説的に今でも語り継がれている先輩もいる。しかし、1999年に入職してから、今も私が思い出す風景や場面は、どういうわけかその当時のことばかりである。

続きを読む

看護師経験年数から生まれる感覚は霊感に匹敵する理由

af9980008674w

石原さとみ扮する主人公の美空あおい(ナースあおい)は、胃潰瘍と診断されて入院することになった梅沢サエさんを担当している。

そのうち、梅沢さんは胃痛の他にも肩こりや歯痛を訴え始めるのだが、その痛みが左側だけに起きていることを知ったあおいは、何か胸騒ぎを覚える。

「気になることがあるんです」とあおいは医師に再検査を申し出るが、歯痛は専門じゃないとまったく相手にされないどころか、看護師の分際ででしゃばるなとにらみつけられる。

続きを読む

看護師資格取得と国家資格受容意識を明確にする方法

看護師国家試験

看護師になってすぐの頃、たとえば「今日は午後から手術室の看護師さんが術前訪問にこられる予定なんですけど…」といった報告をすると、先輩に「看護師さんなんて言わないで。あなたも看護師よ!」って言われた経験はないだろうか。

つい昨日までは、看護師を客体化して”さん”づけで呼んでいても、免許をもち、自分自身がその看護師になって資格を持ち、職場に立つと呼べなくなる。

看護師になるとは、きわめてシンプルに考えれば看護師免許を取得することに他ならない。学校ごとに教員は異なるし、科目の内容や講義の進め方、それに臨地実習の状況はさまざまだ。

続きを読む

新人社会人必見!看護師感情労働から学べる自己管理方法の簡単基礎知識

献身の誓いを立てた看護師

患者さんに、「思いやりがあって」「やさしい」看護師だと言われるのは嬉しいことだ。

どんなに忙しい状況であっても、どんなにつらい思いをしていても、忙しさやつらさは患者さんには関係ない。

看護師は、患者さんが少しでも居心地よく、安心して療養生活を送れるように環境を整えなければならないから、自分の状況がどうであれ、目の前にいる患者さんに思いやりを込めて接するのは当然のこととはいえ、感謝されるのはやっぱり嬉しい。

続きを読む

中途採用看護師が復職後に気持ちよく働けるために知るべき職場の準備

中途採用看護師復職

中途採用看護師の復職が決定後、看護部長もしくは採用担当師長は、受け入れ部署の看護管理者や教育担当者に中途採用看護師の経験や教育背景などの情報を提供し、オリエンテーションの準備や勤務表作成に力を注ぐよう指示するのが通常です。

しかしながら、中途採用看護師を迎え入れるための施設側の準備だけでなく、中途採用看護師が職場に入り活動を始めるための準備を行わなければなりません。

では、復職した看護師に対して、どういうサポートをするのでしょうか?これは大変重要な業務です。

続きを読む

看護師の仕事とは~看護の仕事をしている自分が好きな私

看護師らしくなった私の本音

看護師の仕事は好きですか?

本音を言えば、普通に大学を卒業したくなかったんです。技術を持っていれば、一生お仕事に困らないと考えたからです。

でも、看護師のお仕事は想像以上に大変な仕事です。テレビのドラマのようなわけにはいきません。いつも緊張して患者さん、医師、師長、医療職者と気持ちを合わせなければ医療は成り立たないのです。

続きを読む

優秀な看護師の思考を探ると問題解決法が簡単に見えてくる訳

看護師の思考と問題解決

看護業務の中で起きた問題に対しては、解決に向けて、どのように思考していけばよいのだろうか。

問題解決とは、簡単に言えば「原因を考え、解決策を立て、実行する」という流れである。起きた問題は、結果である。結果には、必ず原因がある。原因があれば、解決策もあるはずだ。

続きを読む

ナース同士でアサーテイブに自己表現できない事例多数

自己表現できないナース

自分の提案に反対するべテランナースに反論できない新任師長

看護師長に昇格したAさんは、内科病棟に配属されました。初めての師長の仕事に戸惑いながらも、よりよい病棟にするために張り切っていました。師長業務にも少しずつ慣れてきたある日、A師長は病棟カンファレンスで、病棟改善のひとつとして、朝の申し送りの大幅な時間短縮を提案しました。

申し送りの時間が長いことが、午前中の業務を圧迫していると考えたからです。実際、前に働いていた病棟でそのやり方を取り入れ、うまくいった経験もあります。すると、スタッフの一人でこの内科病棟に15年間勤務しているべテランナースBさんが、厳しい口調でこう言いました。

続きを読む